脱毛は可能?過去にアトピー性皮膚炎を発症していました。

ヒゲの脱毛には肌質のチェックやアトピー性の皮膚などの経歴がないかを調べられます。

しかし脱毛不可とされる中で、“調整すれば可能”とするエステサロンもあります。

≫気になるニュース:いまだ続くステロイドへの誤解 「アトピー性皮膚炎」の治療とは?

★アトピー性の皮膚はヒゲの脱毛を断られる?

敏感肌でヒゲ剃り負けの炎症が激しかったり、日焼していたり、またアトピー性の皮膚だったりすると、ヒゲの脱毛を断られることがあります。

またニキビ肌で、それが顔全体に及んでいたりする場合は、医師からニキビ肌の治療を先にすすめるようにアドバイスを受けることがあります。

日焼けしている人は表皮自体が弱くなっており色素沈着が強く出ています。

これらもヒゲ脱毛見合わせの要因になります。

どの場合も、症状や炎症が落ち着いている場合は脱毛が行えるようですので、まずは相談してみましょう。

★肌の弱い幼児期からでも脱毛可能なサロン。

脱毛サロンの中には、「脱毛は幼児のうちからでも可能だ」とうたっているところがあります。

幼児は肌が柔らかく敏感肌の象徴のような存在ですが、フラッシュ脱毛に使うときの光の熱を調整することによって、幼児でも脱毛が可能になるそうです。

もともとエステサロンの脱毛マシンは出力が弱いですが、それに加えて熱の音頭を低く設定すればアトピー性の肌でも可能となる率は高いそうです。

★出力の弱いエステサロンの脱毛マシンで、低熱のフラッシュ脱毛を行なえば、アトピー性の皮膚でもヒゲの脱毛は叶えられるかも。

同じような症状をもつ人がすべてヒゲの脱毛OKかというと、それは疑問ですが、クリニックやエステサロンに行って門前払いされるより、そのような方法があることを知って、それでサロンやクリニックを訪ねてみましょう。